大阪の風俗求人の面接は特別なものではない

サイトマップ

黒い下着

厳しい家の反動で

私の家は裕福な家ではなかったのですが、非常に厳しい家庭で高校生の頃ですら門限が6時という家でした。
そのため、楽しいはずの高校時代にも対して遊ぶことができずに、ストレスが溜まっていました。
その後大学に進学してからも厳しいままだったのですが、うまく目を盗んでこそこそと遊ぶようになりその頃を処女を捨てたと同時に男遊びにはまっていたのです。
男遊びにはまっていた頃にはなんとなく自分に嫌悪感があったのですが、これも全て無駄に厳しい家のせいだと思うようになり家をでることにしたのです。

最初の内は男の家を転々としていたのですが、ある日、目についた風俗求人に応募して風俗で働き始めてからは自分で家を借り、一人で生活をするようになりました。
大学こそ一応まじめに通っていたものの、一度風俗での稼ぎを覚えると普通の仕事が出来る自信がなく、就職活動もいまいち本気で挑むことができませんでした。
それでも、いつまでも風俗で働いていることもできないと思い、保険として就職活動をしているとなんとか内定ももらうことができ一安心でした。
その後は肩の荷が下りた、私は風俗で稼いだお金を元に遊びまくったのです。
そして、今思うことは風俗で働いたことでなんだかんだ楽しい日々が過ごせて良かったと思うのでした。